Ham Radio DX CONTEST & Linux    
Jul 2019 8月 2019 Sep 2019
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
My HomePage
カテゴリー
General [2]
Ham Radio [23]
Linux [4]
リーセント
新着QSL 9X0R
IOTA Contest
ALL ASIAN CW CONTEST
Vanity Call決定
新着QSL YK9G
新着QSL TI9KK
新着QSL 5T5DC
エクストラ試験合格
新着QSL YN2YV
新着QSL FJ/OH2AM
30 Aug 2007   09:51:50 pm
P_BLOGインストールメモ
◎フリーのブログサイト構築ソフトP_BLOGをインストールしたときのメモ

このサーバではないが、別のLinuxサーバにブログを開設するためにインストールしたときのメモ

1.ダウンロードしたzipをPCで解凍する。

2.include/user_config.inc.phpのユーザ名とパスワードを設定(文字コードはUTF-8)

3.p_blogのフォルダごとサーバの/var/www/html/にftp転送する

4.ディレクトリのパーミッションを777へ変更
resources
include/user_include

5.ファイルのパーミッションを666へ変更
include/user_config.ini.php
include/user_include/base_xhtml.inc.php
include/user_include/css_rss.inc.php
include/user_include/menu.inc.php


6.mysqlにユーザ名とパスワードを設定
$ mysql -u root -pynpjpadmin
mysql>grant all privileges on p_blog.* to p_blog@localhost identified by 'パスワード';
mysql>exit

データベースを事前に作成するという手順書もあるが、事前作成するとなぜか文字化けする。

7.UTF-8環境で動作するためphpの環境を合わせるため.htaccessで指定する
この辺はサーバ環境で違ってくるので適宜調整する
# vi /var/www/html/p_blog/.htaccess
以下の内容を記述
php_value mbstring.language neutral
php_value mbstring.internal_encoding UTF-8
php_value mbstring.http_output UTF-8
php_value mbstring.http_input UTF-8
php_value default_charset UTF-8

8.インストール
http://サーバIP/p_blog/SETUP/index.php
インストール画面が表示されるので右上の「日本語」をクリック
画面に従い「次に進む」をクリック
ルートパスを/p_blog/ 言語をJapanese タイムゾーンを+900(JST に設定
新規インストールでスタート

9.アカウントマネージャーでログイン
p_blogユーザでログインし、新規アカウント作成
このアカウントで環境設定や書き込みを行う。

10.サイト管理にログインし環境設定
http://サーバIP/p_blog/admin/login.php
環境設定をクリック
MySQL内部コードがEUC-JPになっているのでUTF-8に変更し、下部の「保存」をクリック
ほかにも機能のOn-Offを設定
カテゴリー : Linux |
28 Aug 2007   10:58:16 pm
WindowsからGUIのリモート操作設定
Linuxサーバの操作はほとんどsshでのCUIで済むのだが、たまにパッケージ管理などX WindowsのGUI操作がしたいときがある。Xサーバでフリーの良いものが見つからなかったためVNCを使うこととした。

◆Linuxサーバ側
vnc-serverをインストール。パッケージ管理でインストール可能。
起動
# vncserver
初めて起動するとパスワードを聞かれるので入力
2度目からは聞かれない

停止
# vncserver -kill :1
:1はディスプレー番号で通常1

ファイアウォール設定
vncで使用するポートは5900+N N:ディスプレー番号
その他ポート設定で5901:TCPを許可する。

初期ではtwmが起動される。標準のデスクトップを起動するには.vnc/xstartup内の
unset SESSION_MANAGER
exec /etc/X11/xinit/xinitrc
のコメントを外す。

◆Windows側
Real vncのフリー版をダウンロードしてインストール
インストールはクライアントだけでOK
起動したらServer欄に接続するサーバのIPアドレスとディスプレー番号を指定
例)172.18.50.100:1
カテゴリー : Linux |
21 Aug 2007   09:32:13 pm
xdebugインストール記
PHP開発時のデバックツールと性能測定のためxdebugをインストールしたときのメモ

◆環境
Vine4.2
apache2.0
php5.0
postgresql8 etc

◆事前準備
インストール時にphpizeを使用するためphp-develをインストールしておく

◆インストール
一番簡単なpeclを使ったインストールを行う
# pecl install xdebug
最後に以下のメッセージが出力されて終了する
Installing '/usr/lib/php5/xdebug.so'
You should add "extension=xdebug.so" to php.ini

作成されたモジュールの属性を変更しておく
# chmod 755 /usr/lib/php5/xdebug.so

php.iniに追加するのだがphp5の環境だと/etc/php5/php.d/にファイルを作成すると
追加で読込してくれる
# vi /etc/php5/php.d/xdebug.ini
zend_extension = xdebug.so
xdebug_profiler_enable = 1
xdebug_profiler_output_dir = "/var/www/html/"
を記述する。

いろいろなインストール解説には、ただextensionと書いてあるが # php -m で起動したときに
PHP Warning: Xdebug MUST be loaded as a ZEND extension in Unknown on line 0
のワーニングが出る。
プロファイルの出力先はapacheが書き込めるように権限を設定

ここでサーバを再起動。apacheだけの再起動では中途半端に反映された。
phpを動作させるとoutput_dirにcachegrind.out.xxxが出力される。

◆プロファイルを見るには
Windows版の解析ソフトがあるのでそれを使う。
wincachegrind-1.0.0.12.exeをダウンロードし、インストール
出力されたプロファイルを読み込むと解析結果が表示される。
詳しい使い方はこれから
カテゴリー : Linux |
22 Jul 2007   01:31:22 pm
Vine Linux
Vine Linux 4.2を使用中
マシンは古いFMVノート
カテゴリー : Linux |
 
ページ: 1
Powered by myBloggie 2.1.4