Last Modified : 10-Jul-2016 18:12 JST


◆ TQSLを別パソコンに移動&証明書更新

TQSL認証の3年間の有効期限が切れる機会に、新しいパソコンに認証情報を移動し、更新することとした。

◆認証情報を新パソコンに移動
現在有効なTQSLで認証情報を保存する。
Callsign Certificatesタブを開き、Save the Callsign Certificateをクリックすると、callsign.p12が保存される。
新パソコンには、最新のTQSLをインストールする。p12ファイルを新パソコンに移動する。
Callsign Certificatesタブを開き、Load a Callsign Certificateをクリックし、p12ファイルを指定する。
画面のようにコールサインが登録される。
これで認証情報が登録されたので、新パソコンでも利用できるようになる。




次にStation Locationsタブを開き、ロケーション情報を登録する。この情報は引き継がれなかった。
やり方は、新規と同じ。Create a new Station Locationで登録する。

◆認証情報の更新
Callsign Certificatesタブを開き、Renew the Callsign Certificateをクリックする。



この画面は、修正できないのでそのままNext
次に名前と住所を入力する画面が出るので、入力しNext




アップロードの確認画面となるので、「はい」でアップロードする。




アップロードの確認をし、終了。
新しい証明書のコールサインが作成され、まだ認証前のマークとなる。
1営業日以内に認証キーファイルのcallsign.tq6がメール添付で送られてくる。


tq6ファイルが届いたら、適当な場所に保存し、ダブルクリックする。
TQSLが起動し、証明書が読み込まれる。正しく読み込まれると下の画面のように
古いコールサインが削除され、新証明書用コールサインのマークが金メダルになり
使えるようになる。これでrenewが完了。