Last Modified : 25-Aug-2014 16:38 JST

基本設定 | パケットクラスター設定 | USBIF4CWを使う | Return to Homepage

Win-Test操作簡易マニュアル CW編

7 【CW】Fキーに割り当てるメッセージ登録
 [Options]-[CW]-[Modify standard messages]

 メッセージの割り当ては、F1からF7まで。
 INSERTキーは、RUNしているときにロギングした相手コール+F2(レポート)を送出。
 特殊キーとして、+(プラス)がありQSO後 TU MYCALL と送出し、自動的にエンターを押す動作が可能。

 上記、F1からF7とINSERT,+キーのメッセージはShift+該当キーで修正・登録が可能。
 変数名は以下の通り
 $CORRECT: sends a call correction, if any
 $F1...$F7: sends the message associated with F1 ... F7 function key
 $INSERT: sends message in the [Ins] key
 $LOGGEDCALL: sends what is typed in the callsign field
 $MSG1...$MSG12: sends additional CW messages (see Modify additional messages)
 $MYCALL: sends callsign set in contest configuration
 $PLUS: sends message in the [+] key
 $QSOB4: sends QSOB4 message (see Modify standard messages)
 $RST: sends report from RST field (normally 5NN)
 $ZONE: sends zone nr set in contest configuration
 +: increase speed by 4 wpm
 -: decrease speed by 4 wpm
 ^: the halfspace character with 1/2 dot duration
 $CR: works like hitting [Enter] (log QSO)

8 キーボードのキー割り当て変更
 [Tools]-[Redefine keyboard keys]

 RUNで使いにくいINSERTと+キーをそれぞれ ; と : に割り当てた例。
 Addをクリックして最初に割り当てられるキー(;)を押し、次に割り当てるキー(INSERT)を押す。
 ノートPCで+キーを割り当てる場合、特殊な方法が必要でした。
 通常Shiftを押しながらでないと+は入力できないので、そのままだとShift+PLUSになってしまいます。
 PLUSキーを押す前にNumlockに切替ると単独で+が入力できます。

9 Correction方法
 [Options]-[CW]-[Correction]-[Smart correction]
 これを選択しておくと、コールサインの訂正が必要な部分だけになる。
 初期値として+メッセージに$CORRECTが入っている。

10 CWで使うキー操作
 Esc Stop the output message being sent
 Alt+K Toggle keyboard mode
 Alt+V Change CW speed (open dialog box)
 Alt+F9 Decrease CW speed by 2 WPM
 Alt+F10 Increase CW speed by 2 WPM